The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

パーティIPボーナスやばいっす + ほか

f:id:ootoro55:20160123212144j:plain

こんなに貰えるとは知りませんでした。。

5人パーティで8戦ほどしてきたところ、次のような結果になりました。

◆勝ち
[20:58] 304IP
[23:22] 304IP
[28:58] 330IP
[37:09] 414IP
[37:32] 414IP
[38:26] 424IP

◆負け
[26:28] 202IP
[40:28] 290IP

貰ったIPを見てみると、5人パーティで組むと1人でやるときよりも3~5倍程度に増えてます。また、試合時間で貰えるIPが増減するみたいで、勝ちで300-400程度で、負けると200-300程が貰えることが分かりました。First WinボーナスやIPブーストをかければもっと貰えるのではないでしょうか。いつも1人でカチカチしているので、これは新しい発見ですね。

自分のやりたいRoleが必ずできるわけではありませんが、テキトーに人を募集してからゲームをしたほうがIP効率が良さそうです。

**

余談ですが、その8戦の時に組んだ残りの4人の方は中国人の方たちでした。きっかけはノーマルゲームで青EZを気持ちよくプレイしていた時に、誘われました。

8戦もいっしょにしてみると、中国とNAの試合中の流れ?は全く異なるなーと感じました。NAはファーム中心で、ファームできなくなるとグループアップする印象です(plat3止まりの印象ですが、もっと上に行けばまた違くなってくるのかもしれません)。中国の方達は、超アグレッシブなプレイングが特徴かなと感じました。試合20分くらいになってくると、それまでに育っている奴中心にグループアップしてガンガン集団戦をしたり、草むらで待ち伏せをしたり、タワーをバキバキ折りにいきます。ファームを悠長にしてなんかいません。NA環境にどっぷり浸かっている私としては、もうちょっとファームしたいのに~と思うところではありますけど。

結果から言えば、6勝2敗という結果で中々の勝率でした。途中ボロ負けしてたのにも関わらず、アグレッシブプレイのお陰でチャンスを掴み逆転した試合もありました(ブランドSUPをしてたときです)。

正直言って、私は試合を勝ちへと運ぶ方法がよく分かりません。シーズン5の時にPlat3になれたのも、「味方の中に試合を勝ちへと運ぶ方法を知っている奴」が居て、ソイツの出すPingや指示を成功させてきたからです。

私は、レーニングの過ごし方、集団戦での戦い方、チャンピオンとの戦い方の知識と技術はそれなりにありますが、「試合を勝ちへと運ぶ方法」については全然です。ドラゴンやバロン等のオブジェクトが "試合を勝ちへと運ぶ要因" ではありますが、それらをどう活かして、"試合を勝ちへと運ぶ"のかがわからないのです。唯一知っているとしたら、テレポートのタイミングでしょうか。

中国人とパーティを組んできましたが、その中には私に欠けていた「試合を勝ちへと運ぶ方法」のヒントが沢山ありました。当然、言語の壁はありましたけども、中国流のプレイングを見て・体験したことで、私なりの「試合を勝ちへと運ぶ方法」を構築できたら良いなと思いました。

**

f:id:ootoro55:20160124071301j:plain
ここ暫く、サポートロールの幅を広げるためにThreshを練習してました。いやはやコレが中々難しい。特にQを当てるのが難しいです。遠くからQを使っても横に動かれて躱されるのがオチですから、何かしらのアクションを絡めていく必要がありそうです。

近づいてからのQ
Eで引っ掛けてからのQ
Flash > EからのQ
何かしらのCCが掛かっている相手にQ

もっと考えれば他にも出てきそうですが、遠くからQをするのか/近づいてからQをするのかの2択になるかなと。遠くからだと、Q単体あるいは他のCC頼みです。近づいてからだと、E>Qまたは距離を詰めてからのQになるかと思います。また、Gankしてもらえるような場合は、Flash > E > Qもありだと思います。

動画内の27秒からFlash > E > Qコンボをしてます。
www.youtube.com

f:id:ootoro55:20160124071144p:plain

いままではQ始動でしか使っていなかったのですけど、これからはE始動からのQを積極的にしていけたら良いですね。