The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

ブラッドミア(Vladimir) vs ダリウス(Darius) について

珍しくリクエストがあったので、
簡単にですが、、私が意識していることを書いていきます。

f:id:ootoro55:20160203204609j:plainf:id:ootoro55:20151227215453j:plainf:id:ootoro55:20160203204609j:plain

どちらが有利なのか?

ざっくりと言えば、ダリウスが有利だと思います。レベル6以降であれば、ちょこちょことハラスをしてブラッドミアのHPを半分程度まで削れれば、キル圏内ですから。イグナイト持ちであれば、レベル6以下であったとしても、十分にキルを狙えます。というか狙ってきます。

それに対して、ブラッドミアはどうなのかと言えば、AAやQ、Eをちまちまと当てて当てて…ダリウスのHPを3割ほどまで削れれば、ようやくキル圏内かなという感じです。しかし、ダリウスのQはHPが減少しているほど、沢山回復しますから、HPが減っているから一概に有利とは言えませんけどね。

レーニングでブラッドミアがダリウスを倒すためには、コツコツとダメージを与え続けることと、ダリウスの攻撃に当たらないという2つをし続けなければなりません。はっきり言って難しいです。逆にダリウスがブラッドミアを倒すためには、ダメージを食らいつつも一発ドカンとダメージトレードをすることができれば、キル圏内まで持っていくことができます。結局のところ、ブラッドミア側は細い綱渡りをし続けなければならないのに対して、ダリウス側はそれよりも高い確立でキルを狙えるため、ダリウス側が有利であるという判断です。

矛盾

ブラッドミア側が、ダリウスをキルするためには、コツコツとダメージを与え続けることと、ダリウスの攻撃に当たらないことをし続けなければならないと書きました。しかし、この2つは矛盾しあっているのです。

ダリウスにダメージを与えるには、射程600ほどまで近づかなくてはなりません。これはダリウス側にとっての攻撃をするチャンスでもあります。ダリウスは別段と射程の長いスキルは持っていませんし、ブリンクも持っていません。そのため、ダメージを与えるには相手に近づかなくてはならないのです。よって、ブラッドミアが攻撃しにくるということは、ダリウスにってまたとないチャンスなのです。上手いダリウス使いは当然これを狙ってきます。つまり、ブラッドミアがダリウスへ攻撃するということは、同時にダリウスから攻撃されるという可能性も含まれているのです。これが、ブラッドミア側が細い綱渡りをし続けなければならないと、表現した理由であります。

では、どうしたら良いのか?

ブラッドミア vs ダリウスはブラッドミア不利なマッチアップです。ですが、やりようによっては五分五分あるいは、ブラッドミアがダリウスを苛める状況を作り出すことができます。まだまだ私も未熟な身でありますが、以下のことについて気をつけてブラッドミアをプレイングしております。

1. 距離感を保ち続ける
2. フェイントをかける

の2点です。
「距離感を保ち続ける」は、単純にダリウスのスキル射程に入り続けないことと、ダリウスから離れすぎないことの2つを意味してますです。前者は、ブラッドミア vs ダリウスをするのであれば、必ず意識したいことです。これができないようならば、ブラッドミアを使うのは辞めたほうがいいです。どれくらいの距離感を保てばいいのか感を掴むには、ダリウスを実際に使ってみるか、スキル射程をキャプチャして頭に入れておくとか、友達に頼んで1v1をしてみるとかです。残念ながら、私には1v1を頼めそうなお友達は居ないので、キャプチャを撮ったり、動画を撮ったりしてどの程度射程があるのかを意識してます。

f:id:ootoro55:20160229213838p:plain

後者の、「ダリウスから離れすぎない」ことは、ブラッドミアが攻撃してくるタイミングを悟られないようにするためです。ダリウスからかなり距離をとってレーニングをしているブラッドミアが近づいてきたら、ダリウス側はなんと考えるでしょうか。間違いなく攻撃してくるなと判断できます。それと同時に、攻撃のチャンスであるなと考えます。何が言いたいのかと言うと、「ダリウスから距離を取り過ぎている」とダリウスを使うプレイヤーに考える時間を与えてしまうことが問題なのです。ブラッドミアが近づいて来るなーと分かれば、ダリウス側はそれに合わせて近づけばいいのです。そうすれば、簡単にダリウスのスキル射程まで近づけて、ブラッドミアに攻撃をすることができますから。

1.の「距離感を保ち続ける」の意味するところは、ダリウスのスキル射程に入らないようにしつつも、ダリウスから距離を取り過ぎない立ち回りをするべき です。大体取るべき距離感は、600-700ほどがちょうど良いかと思います。この距離感を得るには、実際に練習して掴むべきでしょう。

**

2.の「フェイントをかける」は、1.の「距離感を保ち続ける」ができてこそ、なし得るテクニックです。それは、ダリウスのスキル射程に入りそうで入らない距離感でウロチョロすることにより、ダリウスのスキル空振りを狙うものです。スキル空振りを狙う上で意識したいのは、移動Qを躱すことです。これを躱せるようになれば、序盤のダリウスは怖くはありません。実際に使ってみることや、キャプチャ・動画を撮ってみる、友達と練習してみて、「どれくらい移動して、どれくらいの範囲を攻撃するのか」を把握するべきです。

f:id:ootoro55:20160229220543p:plain
f:id:ootoro55:20160229220611p:plain

EはブラッドミアのQやEの射程よりも少々短い程度なので、それよりも近づかなければ当たりません。ただしそれも、ダリウスがMS加速アイテムを購入するまでですが。。。

後ろに下がったり、f:id:ootoro55:20160229224019p:plainを使って、なんとかダリウスのスキルを空振りさせることができたら、スキルのクールダウンが終わるまではブラッドミアのチャンスです。ここで、ようやく攻撃しましょう。他にもAAでCSを取る隙を狙って、攻撃するのもいいですが、ダリウスのスキルがクールダウン中に攻撃するのが、もっとも安全です。Qのクールダウンは9~5秒、Eのクールダウンは24秒~12秒です。結構長いので、そのあいだはブラッドミアは強気に動けます。ここで、しっかりとダメージを与えていきます。これがワンセットです。これをダリウスのポーションが切れるまで、続けることが目標です。

また、Qの空振りをさせつつ、ミニオンたちにQを当てさせることができれば、自然とレーンはPullすることができます。ターレットの近くであれば、Gankも防げますし、ダリウスは追撃がし辛くなります。そのため、スキルを空振りさせることで、ダメージを与えるチャンスとレーンをPullできるチャンスの2つが叶うのです。

**

1.2.を駆使することで、ダリウス側に先にスキルを使わせて、ブラッドミア側がそれを躱し、ダリウスのスキルがクールダウン中に攻める という行為を繰り返すのが、良い立ち回りなのではないかと思います。間違っても、相手のスキルがクールダウン中でないのに、ブラッドミア側が攻撃するのは辞めたほうが良いです。ブラッドミアのスキルは、使う瞬間に微妙に詠唱時間があるので、若干足が止まってしまいます。その際に、ダリウスのスキルにあたってしまう可能性が出てきますし、ダリウスがブラッドミアの動きに合わせて前に出てきていた場合は、必ずスキルに当たってしまいます。

ダリウスのアイテムにご注意

上記の戦法が刺さるのは、ダリウス側がf:id:ootoro55:20160229223456j:plainf:id:ootoro55:20160229223505j:plainを購入するまでです。増加MSによってかなりの距離を詰めてきますので、この2つを購入された場合はダリウスがミニオンをプッシュしてくるのを待ちます。これらのアイテムを購入している頃には、レベル6以降になっている場合が多いため、ダリウスに捕まったら間違いなく死にます。

そのため、AA加速>Qをしてくる時や、AA加速>Eをしてきそうな場合は、f:id:ootoro55:20160229224019p:plainを使って逃げます。逃げるのに成功して、スキルを空振りさせられたのなら、攻めましょう。

マスタリ

なんでも良いと思います。
f:id:ootoro55:20160211225931p:plainf:id:ootoro55:20160211225945p:plainf:id:ootoro55:20160211225824p:plainとか色々試した、結論です。
ただ、サンダーロードを選んだ場合、ダリウスがMS増加アイテムを購入した以降はサンダーロードを発動させづらくなります。

ルーン

・ARは欲しい
・MpenARAPAPにして、序盤を強化するのもあり
・MSかAPかと言ったら、個人的にはAP
・一度の攻撃セットで沢山のダメージを与えたいから
・たかが10-15APだけど与えるダメージ量が変わってくる

・MSは、よりスキルを躱したいひと向けかな

アイテム

・初手f:id:ootoro55:20160229230156j:plain
・次手f:id:ootoro55:20160229230221j:plain / f:id:ootoro55:20160229230227j:plain
・候補f:id:ootoro55:20160211222037j:plain / f:id:ootoro55:20160211222323j:plain / f:id:ootoro55:20160112202401j:plain

ダリウスに絡まれた際を考慮して、早めのf:id:ootoro55:20160211222705j:plainは全然あり。
f:id:ootoro55:20160211222323j:plainラッシュしている場合に、ダリウスに絡まれたら即死する可能性あり。



健闘を祈る