読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

Heh Heh Heh Heh

f:id:ootoro55:20160312194610j:plain
f:id:ootoro55:20160312194653j:plain

あぶねーー。
降格するところだった。。。

ゴールド1辺りになってくると、周りのレベルが上がってるのがハッキリと感じます。
なんというか、、言語表現が上手くできないけど「試合の流れ」が分かっている人が多い。どのタイミングで仕掛ければオブジェクトが取得できるとかを意識して立ちまわっているんですよね。

Topの話だと、
レーンをPushする > リフトヘラルドをJgと一緒に取得する > 相手TopターレットにSeige
とかですな。

オブジェクトを取得するという目的を叶えるために、行動を起こしていく。っていう考えが多分必要何じゃないかと思う。見えないところで、物事は連鎖しているから。ネクサスを破壊するのだって、ターレットやインヒビターを破壊したという事象があってこそだから。多分だけど、LoLにおける勝つ試合の流れを考えるには、演繹法(えんえき)のような考えを用いれば思いつきそう。

勝つ確立を上げるには、演繹法等を用いた「勝つ試合の流れ」を考える + それを叶えるだけの技術・プレイングの2種類を突き詰めれば良いのではないだろうか。この考えの筋が正しいのかどうかなんてわからないから、自分で実践してみて実証するしかないんだろうな。例え、どんなにいいことを言っていたとしても、それに事象が伴わなければ空虚なことなんだよね。考える過程も大事だけど、結果を出さなきゃ。

試合で勝つってのは、複雑なことの絡み合って絡み合って…の終着点だから、これだ!というコトを述べるのは難しい。こういう場合は、全体から見ていくんじゃなくて、ある程度の細部から捉えていったほうが考えやすいんじゃないかな。たぶん。私がランクで経験したことも踏まえつつ「League of Legendsで試合を勝ちへと運ぶには 1」の続編もちまちま書けてきてるから、3月末を目処に完成出来たらなと思う。おわり!