読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

こぼした

**

 いつも使ってるDeathAdderというマウスと、マウスパッドと、LiberTouch(リベルタッチ)に、溜まりに溜まった灰皿をこぼしてしまった。。。死にたい。

 ウェットシートが入り込めないような隙間にまで灰が侵入してしまい、中々汚れが取れない。むしろ、ウェットシートで拭いたことにより、プラスチックの表面に灰が薄ーく広がってしまったため、汚くなってしまった。最初に、ブンブンとキーボードとマウスを振って灰を叩き落としてから、ティッシュとかで残り灰を排除し、最後にウェットシートで拭くべきだった。AHHHHHHHHHHHHHHHHHH。クソクソクソクソ失敗した。

 人間、不足な事態に陥ったら、まず最初に落ち着くべきですな。うん。焦りに焦って変な行動を起こして事態を悪化せせるよりかは、何をどうのようにして被害を最小限に抑えて解決すれば良いのか考えるべきだった。そしてから、行動を移すべきであった。でも、あの惨状陥ったら、早くなんとかしなきゃと思っちゃう。言葉にするのは簡単だけど、実際に行うのは難しい。だから、不足な事態に陥っても動じない心が欲しい。多分これをマスターしたら、例え隣に立っている人が狙撃されても、落ち着いて物陰に隠れられるんだろうな。

 もしかしたら、動じない = その事態に対する慣れ という関係性があるのかもしれない。人間、いつものことに対しては動じたりしないからね。もし、常に狙撃されるような環境にいれば、狙撃されるという事態に慣れるだろうし、そのことへの対象法も身につくかもしれない。まあ生きていればの話だけど。ならば、狙撃されることに慣れていれば、隣に立っている人が急に狙撃されても冷静に、事態へ対処できるのかもしれない。

 この関係性が成り立つとすれば、今回の灰皿をこぼすというケースに対して動じないようにするためには、その事態に対して慣れる必要があるのだろう。 そう、何度も何度も灰皿をこぼして、動じなくなるくらいにね。。。アホか。やってられんわ。こんな目に合うのは一度で十分ですわ。

f:id:ootoro55:20160422220303j:plain