The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

SKT Spring 優勝

f:id:ootoro55:20160423235220p:plain

 SKT vs ROXの試合を、youtubeのストリーミング配信で見つつ描きました。描いたと言っても、トレースして色を塗っただけなんですけどね。見ながら、かきかきしていると、どうしても意識を集中させずらくなるので、ところどころ甘い部分が出てきてしまう。まあ仕事じゃないし、プライベートで好きにやっていることだから、どうでも良いんだけどね。

 試合が始まる前に、やっぱりSKTが勝つんじゃないかなーと予想してたんですけど、実際その通りになりましたね。ROXもかなり強い方のチームで何度もSKTを攻めていたんですけども、一歩SKTの方が上手でした。たとえ不利になったとしても、視界が取れていないところから相手をPickUpして攻めたり、ホームガードを活かした長距離TPエンゲージとか、相手の不意を突くようなエンゲージなどの動きがSKTは上手く、そこで集団戦に勝ち、オブジェクトを取得し有利を広げていくパターンが多かった印象です。きっと、先の展開を呼んだり、これから起こすであろうことを予め話し合っているんでしょうね。だいぶ前のことで記憶があやふやなんですけど、youtubeにLJLのどっかのチームの1人にインタビューするという内容の動画で、あるジャングラー(名前忘れた)が、これからしようとすることを1分前に言う?みたいなニュアンスのことをしゃべっていたのが記憶に残っています。急に「〇〇しましょう」とか言われてもすぐには行動に移せないから事前に言っておき、〇〇をスムーズに行う狙いがあるらしいです。これを活かせば、見ず知らずの人とチームを組んでもある程度の統率の取れた動きが取れるんじゃないかと思います。例えばですけど、「9:50に対面のFlashがUPするから、それまでに可能ならGankお願いします」みたいなことを言っておけば、恐らくジャングラーはGankしに来てくれると思います。自陣側に来た時に急にPingを出してGankを要請するよりかは、Gankしてくれる確率は高いと思います。経験則ですが、相手に頼み事をするときは、事が始まる前に余裕をもって伝えておき、相手に心の余裕?を生ませるのが大事なんじゃないかと思います。

 LCK 2016 Springが始まって最初の頃、BengiからBlankという、よく知らないジャングラーに変更になったときは、SKTは今回厳しいかなと思っていましたが全くの杞憂でした。Fakerとイージーフーンがいた時みたいに、Blankを育てて、Bengiと両輪にするつもりなのでしょうか。そこら辺は、よくわからないですけど。何はともあれ、SKT優勝おめでとうございます。

★トレース ネタ:
http://www.presepe.jp/wp-content/uploads/2014/01/16c29f28396bce810a88694daf8ef9c9.jpg

広告を非表示にする