The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

ヴェイン戦記2

f:id:ootoro55:20160605235243p:plain:w300

ヴェインと比べたら、ブラッドミアはなんと操作の簡単なチャンピオンだろうか。

f:id:ootoro55:20160605235200p:plain

 上手くプレイできた試合もあれば、コテンパンにされる試合もあった。コテンパンにされる試合の傾向としては、レーンで死ぬ 場合が多い。Qという回避スキルがあるから余裕でしょと慢心が出て、調子に乗ってちくちくハラスをしていたら、相手サポートのCCに当たり死ぬというパターンが多かった。私が悪いんですけどね。

 レーンで死ぬと、その間はミニオンを倒すことができなくなるから、経験値やお金を手に入れることができなくなる。それが積み重なると、装備遅れやレベル差を付けられてしまう。特にレベル差が付いているのが深刻で、1レベル離れていると1v1がきつくなり、2レベル離れていると1v1で確実に負け、3レベル離れていると複数人で囲まないと倒せない。Botレーンでプレイする以上、経験値面ではソロレーンであるTopやMidに劣る。そのため、同等にファームをしていたとしても、1~2レベル差が付いてしまう。これは覆すことのできない事実だ。だから、レベルを離されないように、なんとしても経験値を吸わないといけない。

 レーンで死ぬことは、この差をさらに広げてしまうのと同じだ。試合に負けている試合のほとんどは、相手Top-Mid-JGにレベル1以上の差を付けられてしまっている。この点を克服しなければ、勝ちにはつながらないだろう。

**

f:id:ootoro55:20160606224540p:plain
 ブラッドミアをプレイしたときの結果を見れば、レベル差がいかに大事か一目瞭然だ。対面であるポッピーのレベルは14。それに対して、試合終了時のブラッドミアのレベルは18。ポッピーと1v1をしてもまず負けない。レベルが上がってないから、スキルのダメージが低い。リメイクによって持続的な回復量が落ちたとはいえ、十分に上回ることができるほどだ。

 相手のジンがいい具合にキルを集めていたけども、それでもブラッドミアとのレベル差は4付いている。単純に、ブラッドミアがジンよりも多くファームをしていたからだ。ジンがブラッドミアと同程度にファームをしていれば、そこまでレベル差はついていなかったかもしれない。もしかしたら、ジンがチームをキャリーする可能性もあっただろう。

 ADCはファームが大事だ。誰よりも多くファームすることが大事だ。なぜならば、ソロレーンとデュオレーンでは得られる経験値に差があり、同程度のファームでは追いつくことができない。レベル差が付いてしまうと、相手を倒しづらくなってしまい、戦いで負ける可能性が出てくるから。試合に勝つには、ADCでキャリーするには相手のレベルと同等かそれ以上でなくてはならない。

もっとも、いつまでもファームだけをしていては、勝つことはできない。このゲームの難しいところだ。



ほか

ヴェイン戦記 - The Road to Stardom