読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

lol ゲーム中のチャンピオンアイコンの変更 - やりかた

はじめに

LOL ゲーム中アイコンの変更 | gigigilog
参照元です。このサイトで紹介されている進行形式を参考にし、本記事で流用しつつ進めていきます。

lol ゲーム中のチャンピオンアイコンの変更 - The Road to Stardom
前回の記事。

私、ootoro55はこの方法で成功しましたが、不具合が起きても自己責任でお願いします。

Step1 準備

★用意するもの
・画像を編集できるペイントソフト(変更する画像の加工するために用います)
・paint.net(フリーソフトウェア、.ddsファイルを編集するために用います)
・RAF Manager(フリーソフト、圧縮されているテクスチャファイルから.ddsファイルを抜き出すのに用います)
・Wooxy(フリーソフト、作成した.ddsファイルをLOLに反映させます)
・変更したい画像(サイズが大きく、荒くない画像がおすすめです)
・ペイントソフト、その使い方にある程度の知識がある
・根気(重要!)


上記4つのソフトウェアはダウンロードしておいてください。インストール時の設定は忘れたので、各自調べて下さい。


Step2 四角形画像の作成とピック画面の変更

f:id:ootoro55:20160812120721j:plain

 今回はゲーム中のチャンピオンアイコンを、上の画像へと変更します。画像を編集できるペイントソフトを用いて、この画像からサイズ120x120ピクセルで顔を抜き出します。ゲーム中になると、画像はかなり縮小されて表示されるので、顔だけに絞って抜き出すのがおすすめです。全身を入れようとすると、反映した際に潰れてしまい視認性が悪くなります。

f:id:ootoro55:20160813114449p:plain
 120x120ピクセルで抜き出したものです。後々使うので、わかりやすい名前.pngで保存します。解像度系の設定は高めに設定しておきます。

f:id:ootoro55:20160813114919p:plain
 次に↑で作った画像の上下左右の隅に10ピクセルほど黒枠を追加します。更にぼかしてあげると、良い感じになります。この画像を、チャンピオン名_Square_0.pngで保存します(上の画像は残しておいて下さい!)。今回は、Vayne_Square_0.pngで保存しました。

f:id:ootoro55:20160813115845p:plain
XXX\League of Legends\RADS\projects\lol_air_client\releases\0.0.0.XXX\deploy\assets\images\champions フォルダへ移動します。こんな感じで各チャンピオン毎の画像が入っています。デフォルトの画像を保存しておき、新しく作ったものをフォルダへ入れます。これで、ピック画面の画像は変更されます。


f:id:ootoro55:20160813120349p:plain

こんな感じになります。普段とは違うアイコンになるので、ピック時に見失わないように注意です。もし変更されない場合は、再ログインしてみてください。


黒枠のつくりかた

ootoro55が実際に作った方法です。ソフトは、プライベートでも使ってるIllustrator CC 2015で作成しました。

f:id:ootoro55:20160813120826p:plain
1.アートボードの大きさを120x120ピクセルで作成または調整します。

f:id:ootoro55:20160813120913p:plain
2.アートボードの中心あたりに、顔が来るように調整(画像サイズ・位置)をします。その後、120x120ピクセルの正方形を作り、水平方向と垂直方向で整列します。そして画像と正方形でクリッピングマスクを作成します。

f:id:ootoro55:20160813121321p:plain f:id:ootoro55:20160813122112p:plain
3.今回用いる画像には裁ち落としは不要なので、書き出しをする前に削除します。ファイル > ドキュメント設定 を開き、裁ち落としを全て0に設定します。
4.ファイル > 書き出し からpngで保存します。このとき解像度は300にしました。
5.(詳しいことはわかりませんが)Illustratorで書きだした画像は120x120ピクセルでないので、リサイズをします。paint.netで開き、幅と高さを設定したら上書き保存をします。

f:id:ootoro55:20160813121807p:plain f:id:ootoro55:20160813121817p:plain
6.黒枠の設定です。正方形を120x120・塗なし・線黒・線幅15ptで作成します。そして、水平方向と垂直方向で整列します。

f:id:ootoro55:20160813122345p:plain
7.効果 > ぼかし > ぼかし(ガウス) を選択し、半径8ピクセルでぼかしをかけます。

f:id:ootoro55:20160813122706p:plain
8.上の2.と同じように、120x120ピクセルの正方形を作り、クリッピングマスクを作成します。

f:id:ootoro55:20160813122812p:plain
f:id:ootoro55:20160813122915p:plain
9.クリッピングマスクを作成すると、アートボード内に収められます。
10.レイヤーの順序をいじって、枠→画像という順番にします。上の3.~5.をして完成です!


Step3 .ddsファイルの取得

 次は、ゲーム中のチャンピオンアイコンを変更します。ゲーム中のアイコンを変更するには、.ddsという拡張子で保存されているテクスチャファイルに編集する必要があります。そのためには、まずは編集したいチャンピオンアイコンの.ddsファイルを取得しなければなりません。

f:id:ootoro55:20160813123323p:plain
※参照サイトから流用させて頂きました。

そこで、RAF Manager(以降RM)というソフトを用いて.ddsファイルを取得します。RMを開くと、上の画像のようにずらーと沢山のディレクトリが表示されます。

f:id:ootoro55:20160813124712p:plain f:id:ootoro55:20160813124845p:plain

ディレクトリを開いてくと、DATA > Characters > チャンピオンの名前 > Info または HUD というディレクトリがあります(Info または HUDのどちらかに入ってます)。そこに、チャンピオン名_Circle_0.dds と チャンピオン名_Square_0.ddsの2種類のファイルがあります。前者はミニマップ上のアイコンを表してて、後者はステータスアイコンを表しています。

f:id:ootoro55:20160813124903p:plain
Circle と Squareの2つのファイルを見つけたら、InfoまたはHUDディレクトリを右クリックして、Dumpを選択します。保存先を選択して、.ddsファイルを保存します。これで、RMの作業は終了です。

だいぶ前に用意するもの「根気」と書きましたが、ここで一番必要になってきます。なぜなら、たくさんあるディレクトリの中から、各チャンピオン1つしかないInfo・HUDディレクトリを見つけなければならないからです。ディレクトリをクリックして開き、.ddsファイルがあるのかないのか確認しないといけないのです。。この作業がひじょーにめんどうです。でも、ここを乗り切ればあと少しです!

f:id:ootoro55:20160813125844p:plain
ここまで発掘するのに、中々疲れました。。これでも全部発掘しきれてないっていう。。


Step4 .ddsファイルの編集

取得した.ddsファイルをpaint.netで開きます。Square > Circle という順番で説明します。予め、.ddsファイルのバックアップを取っておいてください。

Square編

f:id:ootoro55:20160813130230p:plain
1.paint.netでSquareを開きます。

f:id:ootoro55:20160813130423p:plainf:id:ootoro55:20160813130428p:plain
2.上の方で作成した、黒枠付きアイコンをpaint.netにドラッグ&ドロップします。操作は、レイヤーの追加を選んで下さい。
3.上書き保存をします。保存時の設定はDXT1を選択します。これでSquareの編集は終了です。


Circle編

f:id:ootoro55:20160813130807p:plain
1.paint.netでCircleを開きます。

f:id:ootoro55:20160813131003p:plain
2.上で説明したように、黒枠なしのアイコンをレイヤー追加で開きます。

f:id:ootoro55:20160813131353p:plain
f:id:ootoro55:20160813125712p:plain
3.黒枠なしのアイコンのレイヤーを非表示にして、元画像だけが表示されている状態にします。
4.楕円選択を駆使して、ちょうど円形になるように選択範囲を設定します。

f:id:ootoro55:20160813131514p:plainf:id:ootoro55:20160813131522p:plain
5.非表示にした変更する画像のレイヤーを表示にします。
6.編集 > 編集の切り替え を選択して、選択範囲を反転させます。
7.反転させた箇所を削除します。すると、円形に画像が切り抜かれます。
8.上書き保存をします。保存時の設定はDXT3を選択します。これでCircleの編集は終了です。
9.編集した2つの.ddsファイルを適当なフォルダに入れておきます。

ちょっとしたこと

ここまでの作業を見た方は、RMを使わないで直接.ddsファイル作って保存すればいいじゃんと思うかもしれません。が、、ちゃんと元ファイルを上書き保存しないと、何故かCircleの透明部分が白く表示されてしまうんですよ。原因は分からないですけど、ちゃんと上書きしてあげれば、透明のままになります。

lol ゲーム中のチャンピオンアイコンの変更 - The Road to Stardom f:id:ootoro55:20160502150932p:plain


Step5 Wooxyを使って編集した.ddsファイルを反映させる

 以前カスタムスキンを入れたりしてた時に使ってたソフト(名前わすれた)よりも、Wooxyは操作が簡単で使いやすいです。 f:id:ootoro55:20160813132726p:plain
Wooxyを開いたら、真ん中のSkins cllocetionを選択

f:id:ootoro55:20160813133122p:plain
するとこんな画面がでます。3つ表示されてるのは過去に追加したやつです。緑色になっているのがONになってるときで、赤色がOFFになってるときです。

f:id:ootoro55:20160813133254p:plain
下にあるImport skinを押すと、こんな画面が出ます。Add a folderを押して、2つの.ddsファイルをいれたフォルダを選択します。

f:id:ootoro55:20160813133431p:plain
Nameを適当に入れて、Save skinをおします。

f:id:ootoro55:20160813133528p:plain
お疲れ様でした。これにて終了です。
下のDeleteを押せば消せますし、Uninstallを押せばOFFにすることができます。

f:id:ootoro55:20160813133750p:plain
ここまで長くてメンドクサイですが、気になる人は是非いかがでしょうか?

賛辞

LOL ゲーム中アイコンの変更 | gigigilog
様で記事を書かれていなければ、ゲーム中のチャンピオンアイコンの変更はできませんでした。
この場でですが、感謝を申し上げます。