The Road to Stardom

Sometimes win sometimes lose but we always friends everybody a friend. so it doesn't matter the result. we are happy and we keep looking forward to the next.

ゴールド1 ≫ プラチナ5 / ダイアモンド目指してLeeet's GOOO!!!

f:id:ootoro55:20170226154745j:plain

f:id:ootoro55:20170226154734j:plain

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
昇格したああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
同じチームになった人あざっしった!!

3回目の昇格戦で昇格でっす。
2回目のときトロールFeederを引いたときは本当に、、本当に心が折れそうになりました。。
けど、シャワー浴びて寝たらすっきりしました笑。
落ち込んでるときはひと休憩したほうがいいっすね~

f:id:ootoro55:20170226160950j:plain

最終的なスコアはこちら。
「色んな人」とマッチングしてマイルドな勝率に。
プレイヤーの数だけ性格が異なるから、まあしょうがない部分もあるよね(涙目

Vladimirは序盤~中盤までの動きはだいぶ詰められている印象。
ただ、ファーストリコールをするタイミングがまだ微妙で、自分がリコールしてレーンに復帰するまでの間に、対面がRoamされちゃうのを改善できればといい感じになると思う。

んで、一番改善しなきゃいけないことがあって、それは「終盤に試合を詰め切れるか」問題。
中盤までにガン有利を取れても試合を詰めきれず、なあなあで終盤にもつれこんでワンミス≫逆転負けっていうシチュエーションがほんとによくあったんだよね。そこをなんとかするのが課題かな~

あと終盤の集団戦にマッチした立ち回りをすることかな。
中盤のノリで集団戦をすると即溶けしちゃうから、立ち回りの切り替えを意識するのも課題ですな。


ADCは正直いってあんまりうまくない。
レーニング/ファームはまずまずにできるんだけど、中盤~の集団戦の立ち回りが全然ダメ。
Vladimirのノリで行っちゃうからすぐ死んじゃうんだよね。

中盤~の集団戦の立ち回りは「Vladimirの終盤の立ち回り」に通ずるものがあるから、そこを詰め切れればVladimirのプレイングに深みが出ると思うんだよな~。これも今後の課題ですな。



んで、話は変わりますけども、、

2回目の~ - The Road to Stardomでコメントくれた方, ありがとうございました!
あったけぇ・・・気持ちになりました。


いつかブログを卒業することには変わりはありませんが、
そのときに何か残せればいいな…!と思いました。

残せるものは何かを考えたんですけど、
・「ダイアモンド(orプラチナ) - ブラッドミアへの道(仮)」みたいなビルド/戦術記事
・Montage動画っぽいもの

の2つかな~と思いました。
前者は今までちょこちょこと記事にしてきたものをまとめて体系化したものを想定していて、後者は「OverWolf」で記録した動画を編集し「こんだけうまくなったぜ!」みたいな証を残せればいいなあと想定してます。

↑2つと今までの総括記事を同時UPして締めって感じになるかと思います。
全然終わる目途ついてないんですけど…


とりあえず、プラチナになったわけですけども、今後どうしていくか微妙なラインなんですよね。
ダイアモンド目指すとなると、たぶんスゲー大変な気がするんです。

日本鯖はいい意味でもわるい意味でも人数が少ないんですよ。
f:id:ootoro55:20170226174852j:plain
人数が少ないからマッチングの幅が結構広いのです。
gold1でも余裕でプラチナとダイアモンド帯に飛ばされますからね(震え

これの意味するところは、
下の人とマッチングしたとき勝ちにもっていかなきゃいけないし、上の人と渡り合うだけの腕もつけなきゃいけないことです。

となると、
Vladimirの動きももっと詰めなきゃいけないし、ADCの腕をプラチナ-ダイアモンドクラスまで引き上げなきゃいけなくなるんすよね。たぶん、すっげえ長い道のりになりそうです。。

まあ、そんなわけでですね、、もうちっとだけ続きます!
暫くは今持ってる技術等の体系化をして、忘れないようにしつつ(忘れても思い出せるように)、新しい技術の習得/発見をしていこうかなとおもってます。

先の見えないブログ卒業(ダイアモンド達成)のときまで、もうしばらくお付き合いください。
それでは~